スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼方より

約1週間前に円高時の強い味方wiggleでポチとやったお荷物が海?空?を越え到着しました。

Wiggle箱
中身はこれ
iclic.jpg

Time iCLiC Racerです。
ShimanoとかLOOKとかMavicとか
色々選択肢はありましたが
なんといっても膝にやさしい!
初心者にやさしい!という触れ込みに引かれ
TimeのiCLiCにしました。

ビンディングペダルデビュー以来
PD-A530(SPD)を使っていましたが
ロードに乗り始め1年がたったと言うことで
ロード用(非SPD)に移ろうと色々物色していたところに
円高の波も押し寄せます・・・。
迷うことなくポチっと行きました。
国内で15000円以上で販売されてますが
10000円ちょいの決済でした。
円高おそるべしです。

まずは取り付けにかかる前に
説明書を見ます。
様々な言語での説明があります。
当然、日本語の説明を読みます。
・パッケージ内容
・保証
・取り付けと調整
・使用方法
・メンテナンス
と言った内容です。
一番必要となるであろう
・取り付けと調整
を念入りに読みます
ふむふむ
取付は8mmのアーレンキーを使用するのね
クリートを左右逆に着けることでペダルオフセット(Q-ファクター)が調整できるのね
クリートの角度も調整できるのね
フローティングの調整は・・・
タイム社のICLICモデルには・・・」って・・・なんだどうなんだ
取説
しょうがないので英語を読む
ドライバーで3段階の調整ができるのね・・・なんとなく
フローティング=リリース強度かは不明・・・です。

では、いよいよ取り付けです。
え~と8mmのアーレンキーを・・・
ありません・・・
ですので、今日のところはクリートの取り付けのみです
カフェクリートです。
このクリートだったらカフェでもいけちゃうよぉ」ってクリートです。
滑りにくいような加工がしてあります。
でも、やはり調子の乗ってると転びそうです。
お世話になったSM-SH51(クリート)とSM-SH40(クリートアダプター)を外し装着です。
クリート前
SM-SH51は結構な力で締めないとすぐに緩んでしまい
足が外れにくくなるといった恐ろしい状態になりますが
カフェクリートはそれ程の力は必要ないようです
逆に強く締めすぎるとネジの頭がとれちゃうようです。
とりあえず、取り付け完了
クリート後
おぉ、ローディーって感じです
ですが、ペダルがSPDなのでちぐはぐな状態です。
まぁ、幸いPD-A530は片面がフラットペダルなので乗れないこともないのですが
明日にでも8mmのアーレンキー買ってきます。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shirakappa.blog134.fc2.com/tb.php/52-d0dbab8e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

しら

Author:しら
念願のロードバイクに手にし、潰瘍性大腸炎(難病)と闘いながら、ヒルクライマーを目指し、ゆるいトレーニングに励んでいます。


↓ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。