スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤビツTT

なんと!
来年の春まであきらめていた
ヤビツアタックに行くことができました

前回と同様に伊勢原総合運動公園に車をとめ
善波峠でのウォーミングアップ(けっこうきついんですけど・・・)を経て
名古木よりスタートです。
前回の失敗を踏まえ、サイコンの距離をクリアしゴールまでの距離を把握しながら走ります。
さぁ、記録更新なるのでしょうか!!

まずは豆腐屋まえの勾配にきつい坂を
順調に上ります。なんとなく前回より調子が良いようです
前回はこの時点で腰痛が始まっていましたが、今日は痛みはありません。
記録更新の期待が膨らみます。

そして最大の難関、蓑毛に入ります。
腰痛はでません、27Tを使い地道に上ります

が!

蓑毛がきついんです。

前回より確実にきついんです。
・心拍も前回と特に変化なし
・脚もまだ残っている(と思う)
・朝食は1時間前にとっているので、ハンガーノックはない(と思う)
う~ん。なにが原因かわかりません。

緑水庵のあたりで、「やめちゃおっかなぁ」と心が折れそうでしたが
「蓑毛過ぎたらちょっと楽になるし」と自分自身を騙し
(浅間神社のあたりとか、菜の花台の後とか、きついのを知ってるくせに・・・)
なんとか蓑毛をクリア

○坂を過ぎたあたりから腰痛が再発で踏んだりけったり
フォームが悪いのか、ポジションがあっていないのか・・・
ヤビツでしか発症しないので、たぶん前者でしょう。

途中、ところどころにある林道の入り口(もちろん下り)に「入っちゃおうかなぁ」と
訳のわからない事まで考えます。(下りがあれば、上りがある事を忘れて、現実逃避)

シッティングでは腰がつらいく、いつもより多くダンシングを使うせいで
脚も残りが少なくなります。

菜の花台後の2段坂を過ぎ、緩斜面が現れても攻めることはできず。

なんとかゴール
ヤビツ頂上_s


50分23秒

まぁ、当然といえば当然の結果ですかね。
わたしにとっては、50分切りがぎりぎりのラインのようです。

ゴール地点では、山ガールやちょっと年齢をお重ねになった山ガール、山ボーイに
囲まれながらしばし休憩(自転車乗りは、わたし1人)

休憩後、このまま帰るのはもったいないので、
もう一本
「次は、TTはなし(タイムは一応計りますが)、軽いギアで上がって
途中リタイアもOKよーん!」
と辛い思いをした事などすっかり忘れ、上る事でウキウキしてしまう、山バカぶりを再認識しながら下ります。
続々と上がってくる山バカ仲間(失礼)とすれ違い、さらに気持ちが盛り上がります。

菜の花台に立ち寄りとても綺麗な富士山を撮影
富士山_s


で、2本目

今度は、蓑毛が(割と)きつくないんです
最初から、TTのプレッシャーから解放されている為か
軽いギアでクルクル回すことを心がけている為か
1本目とあまり変わらないペースで蓑毛を通過
○坂で、クルクル回すことでここまで温存していた脚を使って
ダンシング・・・・
重い・・・
あきらかに1本目のダメージが残っています。
どうしようもないので、軽めのギアでクルクルしたまま上り続け
2本目ゴール

2本目
52分46秒

緩斜面で攻めたり、ダンシングを使って(使えなかったのですが)ないのに
思った程、遅くないのです。
次回は蓑毛までは、完全にペースを押さえ脚と心肺を温存し
後半に爆発させればタイムアップが狙えるかもしれませんし
後半脚が売り切れになるかもしれません。
でも、この試行錯誤がたまりません。

帰りは、裏ヤビツを下ります。
裏ヤビツは自然いっぱいです。
自然いっぱい過ぎて、こんな恐ろしい看板も
クマ出没注意_s


走行ルート


走行距離 81.61km
走行時間 3:54'57
最高速度 53.9km
平均速度 20.8km

2010年12月累積走行距離 124.14km
2010年累積走行距離 1733.23km

↓ポチっとお願いします。↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

しら

Author:しら
念願のロードバイクに手にし、潰瘍性大腸炎(難病)と闘いながら、ヒルクライマーを目指し、ゆるいトレーニングに励んでいます。


↓ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。